2007/09/15

サーバ冗長化

弊社のお客様で、「稼動システムをハードウェア等の障害から守りたい」とのご依頼があり、サーバを冗長化する作業を実施しました。


冗長化とは - IT用語辞典 -

最低限必要な量より多めに設備を用意しておき、一部の設備が故障してもサービスを継続して提供できるようにシステムを構築すること。
つまり、同じ構成のサーバを2台用意し、どちらか片方のサーバが物理的な故障・提供サービスの停止等の不測の事態に陥っても、もう片方のサーバが障害を察知し、サービスを継続できるようにします。

これにより、サービスを安定して提供することができ、故障時においても復旧まで時間的猶予を得ることができます。

今回の冗長化作業では、CentOSを搭載したLinuxサーバを2台用意し、DRBDによるネットワークミラーリング、heartbeatを用いたクラスタリングにより、冗長構成を構築しています。

作業に使用したドキュメントをScribdで公開しています。

ご参考になれば幸いです。

HAクラスタ構築手順書

サーバ冗長化についての詳細は、後ほどワークブログにて紹介させていただきます。

興味のある方は是非ご覧下さい。


石川

0 件のコメント:

コメントを投稿