2009/01/17

Google Apps導入

しばらくの間、各自それぞれ無料アカウントで利用していたGoogleの各種サービスでしたが、本腰入れて活用しようということで Google Apps Premier Editionへアップグレードしました。

利用方法はいろいろですが、弊社では、Googleサイトを社内ポータルとして仕事情報を下記のように共有しています。


メインメニュー

営業レポート
現在進行中の案件ステータス、案件に利用したドキュメント書庫

不具合レポート
稼働中システム、提供中サービスの不具合(現象・原因・処置)

顧客レポート
お客様との打合せで「どんな話をしたのか」というまとめ

作業依頼
社内で作業を依頼する際に利用

連絡
「○○時○○分○○様から電話有り」という程度の連絡に利用

社内プロジェクト
各自自ら考え実行する依頼者不在の仕事

社内打合せ

週1回行われる社内打合せの記録

アイディア募集
仕事に関するポジティブな意見を投稿出来るページ

稼働中のシステム
稼働中システムの基本動作など

仕事リンク

Trac
自社サーバー内にあるシステム開発作業専用のタスク管理。外部からはVPN接続。

User
お客様のサイトを住所録代わりに利用 ※Deliciousへのリンク

Blog Roll
お客様のブログFeed集。これを読んでから1日はスタートします。※Googleリーダーにて作成

Storage
アップロード専用のGoogleサイト

これだけ書くと、何だかとても凄いことをしているように思われるかもしれませんが、何も凄いところはありません。凄いのは、上記のような情報を管理するページが簡単に作成出来るGoogleサイトにあります。

Googleサイトをどのように利用(情報を共有)したいのかという設計には時間を費やし慎重に考えなければなりませんが、実際に作るという作業は、上記の情報群でも2時間以内の作業です。

ちなみに上記の共有データは、どこかに変更が加えられるとメールで通知してくれる機能もありますから、どこが変更されたか目で追う必要はありません。また、サイト内ではGoogle検索が有効ですから、目的の情報を容易に探し出すことも出来ます。

その他、Gmail、Googleカレンダーは携帯端末用に表示が最適化されていますので外出先からのアクセスにも便利です。

今年は、GoogleAppsを使い倒したいと思います。

GoogleAppsの各サービス(Gmail、Google トーク、Google カレンダー、Google ドキュメントなど)は、無料で利用することも出来ますので気になる方はチェックしてみて下さい。



自社ドメインでGoogleAppsの利用を検討されている場合は、お気軽にお問い合せ下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿