2013/12/02

メールサーバーの SSL 対応

弊社でご提供しているメールサーバにて、 SSL によるメール内容の暗号化通信に対応いたしました。

お客様の端末から、弊社サーバ(Amazon EC2)までの通信を暗号化することにより、盗聴のリスクを減らすことが可能になります。

暗号化通信をご利用になるには、若干の設定変更が必要になりますが、
セキュリティの向上になりますので、是非ともご利用くださいますようお願い申し上げます。

なお、現在お使いの設定でも引き続きご利用いただけます。
暗号化通信をご利用の際は、設定を変更してください。


設定方法は、下記を参考に指定ください。

ご不明な点がございましたら、弊社までご連絡いただけると幸いです。


設定方法


SSL による暗号化通信を利用する場合は、通信ポート番号等を下記のように設定してください。

暗号化種類: SSL/TLS
パスワードの暗号化: しない
POPサーバ: 995
SMTPサーバ: 465

ご注意:

弊社サーバとの暗号化通信を開始する歳、証明書が不正である旨、警告メッセージが表示されます。
これは、暗号化する際の証明書とメールサーバのドメイン名が異なるという意味ですが(証明書は弊社「www.r-stone.net」を使用しています)、
暗号化通信は問題なく可能ですので、証明書を許可するようにしてください。


設定例


代表的な、メールソフトでの設定例を下記に記載いたしますので、ご参考になれば幸いです。

Outlook Express の場合


暗号化通信時、下記のような画面が出ますが、問題ありません。



Thunderbird の場合



暗号化通信時、下記のような画面が出ますが、問題ありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿